SSI ファイルの処理中にエラーが発生しました

EXPERTから学ぶ-手技解説-

UPP 成人鼠形ヘルニア用半吸収性メッシュ ウルトラプロ* プラグ

小さな鼠径ヘルニアの修復をターゲットにしたプラグタイプ

プラグタイプ1

プラグのアンカー部分を欠損部に挿入します。

プラグタイプ2

プラグのリム辺縁を横筋筋膜に縫合固定します。

プラグタイプ3

オンレイパッチの鼠径靭帯側に精索を通過させるスリットを作成し、縫合糸にて腹直筋(鞘)外側縁下端、恥骨結節、鼠径靭帯、内腹斜筋に固定します。

(監修:冲永 功太先生 帝京大学医学部 外科 名誉教授 日本ヘルニア学会 理事長)

LargePoreと半吸収性

LargePore 大きな編み目

メッシュのポアサイズが大きいことにより、過剰な瘢痕組織の形成が避けられると期待されます。

Large Pore イメージ

半吸収性

非吸収性のプロリーン*と吸収性のモノクリル*とのコンビネーションにより術中の操作性を損なうことなく、体内に残る異物量を必要最低限に抑え、炎症反応を減少させることが期待できます。

半吸収性 表1

比較表1

比較表2

異物感や疼痛の軽減を期待

80%の吸収性素材(Monocryl*)と20%の非吸収性素材(Prolene*)で編成されています。
これにより手術中は患部へのメッシュの挿入操作がやりやすく、手術後は約80%の素材が術後約120日で体内に吸収されるので、術後の異物感や疼痛を軽減することが期待でき、さらに自然なフィット感を期待できます。

吸収前後のメッシュ 写真

サイズ

  Plug Onlay patch
種類 Small Medium Large 全サイズ
共通
製品番号 UPPS1 UPPS2 UPPS6 UPPM1 UPPM2 UPPM6 UPPL1 UPPL2 UPPL6
一箱入数 1 2 6 1 2 6 1 2 6
サイズ リム
(直径)
5㎝ 12㎝
×
8㎝
アンカー
(直径)
3㎝ 4㎝ 5㎝

※1 William S. Cobb, MD, Kent W. Kercher, MD, and B. Todd Heniford MD. The Argument for Lightweight Polypropylene Mesh in Hernia Repair Surgical Innovation, Vol12, No.1(March),2005:pp63-69

※2 William S. Cobb, MD,Normal Intraabdominal Pressure in Healthy Adults,Journal of Surgical Research 129 231-235(2005)


高度管理医療機器 販売名:ウルトラプロ* プラグ 承認番号:22000BZX01661000

高度管理医療機器 販売名:プロリーン* メッシュ(ポリプロピレン) 承認番号:20400BZY00787000

高度管理医療機器 販売名:モノクリル* 承認番号:20500BZY00385000

高度管理医療機器 販売名:プロリーン* 承認番号:15300BZY01464000

SSI ファイルの処理中にエラーが発生しました
SSI ファイルの処理中にエラーが発生しました