SSI ファイルの処理中にエラーが発生しました

セミナー&ハンズオン

セミナー報告

年度別バックナンバー

2010年

2010年11月22日

第72回日本臨床外科学会総会ランチョンセミナー 合併症ZEROを目指した成人鼠径ヘルニア手術

司   会 柵P 信太郎先生聖路加国際病院 外科 医長
演   者 宮崎 恭介先生みやざき外科・ヘルニアクリニック 院長
演   者 内藤 稔先生岡山大学大学院 医歯薬学研究科 腫瘍・胸部外科 消化器グループ 講師

2010年11月22日、パシフィコ横浜にて、第72回日本臨床外科学会総会で「合併症ZEROを目指した成人鼠径ヘルニア」と題してランチョンセミナーが行われました。「解剖」、「再発手術」、「神経の走行と取り扱い」、「腹膜前腔への到達法と高位剥離」、「Mesh選択」についてディスカッションをしていただいております。
※動画はその一部です。

2010年11月22日、23日

第72回日本臨床外科学会総会ハンズオンセミナー 見て触って覚える鼠径部解剖と鼠径ヘルニア手術手順

演   者 宮崎 恭介先生みやざき外科・ヘルニアクリニック 院長
演   者 賀川 義規先生大阪大学大学院外科学講座

2010年11月22日、23日、パシフィコ横浜にて、第72回日本臨床外科学会総会で「見て触って覚える鼠径部解剖と鼠径ヘルニア手術手順」と題してハンズオンセミナーが行われました。卒後5年未満の若手外科医の先生を対象に鼠径部モデルを用いたハンズオンワークーショップセミナーを行いました。動画はワークショップ時の手術手順の解説部分になります。
※動画はその一部です。

2010年9月3日

第85回中国四国外科学会総会イブニングセミナー 鼠径ヘルニア手術における新たなストラテジー −術後のナチュラルフィーリングを目指して−

司  会 津村 裕昭先生広島市立舟入病院 外科 部長
真のLightweight Meshを求めて〜半吸収性Meshを科学する〜
演   者 内藤 稔先生岡山大学大学院 医歯薬学研究科 腫瘍・胸部外科 消化器グループ 講師
当院での半吸収性Meshを用いた鼠径ヘルニア手術
演   者 坂田 晃一朗先生社会保険下関厚生病院 消化器外科 部長

xxx PDFをみる

2010年9月3日、香川県高松市アルファあなぶきホールにて、第85回中国四国外科学会総会で「鼠径ヘルニア手術における新たなストラテジー」と題してイブニングセミナーが行われました。デバイスの生体内における変化、半吸収性Meshの有用性などについてご講演いただきました。

2010年4月16日

第8回日本ヘルニア学会学術集会 ランチョンセミナー 真のLightweight Meshを求めて 〜半吸収性Meshを科学する〜

司  会 柵P 信太郎先生聖路加国際病院 外科 医長
演   者 内藤 稔先生岡山大学大学院 医歯薬学研究科 腫瘍・胸部外科 消化器グループ 講師
演   者 澤田 芳行先生岡山大学大学院医歯薬学 総合研究科腫瘍・胸部 外科消化管グループ

2010年4月16日、東京ベイホテル東急で開催された第8回日本ヘルニア学会学術集会にて、聖路加国際病院の柵P信太郎先生を司会に、岡山大学の内藤稔先生と澤田芳行先生から「真のLightweight Meshを求めて〜半吸収性Meshを科学する〜」についてご講演いただきました。※動画はその一部。

2010年4月16、17日

第8回日本ヘルニア学会学術集会 ハンズオンセミナー見て触って覚える鼠径部解剖と鼠径ヘルニア手術手順

演   者 賀川 義規先生大阪大学大学院外科学講座 消化器外科学

2010年4月16、17日、東京ベイホテル東急で開催された第8回日本ヘルニア学会学術集会にて、大阪大学の賀川義規先生から、鼠径部モデルを使ったハンズオン形式での前方リペア(UHS法)に必要な解剖と手技の手順を若手外科医向けにレクチャーしていただきました。※動画はその一部

第8回日本ヘルニア学会学術集会 ランチョンセミナー イメージ 動画をみる

ダウンロード用ZIPファイル(MP4)

2010年4月8日

第110回日本外科学会定期学術集会 イブニングセミナー 鼠径ヘルニア手術における新たなストラテジー 〜術後のナチュラルフィーリングを目指して〜

司  会 大坪 毅人先生聖マリアンナ医科大学 消化器・一般外科 教授
半吸収性メッシュコンセプトと生体内での変化
演   者 内藤 稔先生岡山大学大学院 医歯薬学研究科 腫瘍・胸部外科 消化器グループ 講師
鼠径ヘルニア手術手技の変遷とメッシュの選択
演   者 伊藤 契先生NTT東日本関東病院 外科 主任医長
半吸収性Meshを用いた鼠径ヘルニア手術の実際
演   者 柵P 信太郎先生聖路加国際病院 外科 医長

2010年4月8日、名古屋国際会議場で行われた第110回日本外科学会定期学術集会で、岡山大学腫瘍・胸部外科消化管グループ講師の内藤稔先生からメッシュ素材の動物実験のフィードバックを、NTT東日本関東病院外科主任医長の伊藤契先生から手技の変遷とその理由について、そして、聖路加国際病院外科医長の柵P信太郎先生からUPP・UHSの手技についてご講演いただきました。※動画はその一部

2009年

2009年11月19日

第71回日本臨床外科学会総会 ランチョンセミナー(2010.1) 半吸収性メッシュによる鼠径部ヘルニア手術の実際 〜術後のナチュラルフィーリングを目指して〜

Lightweight,Largepore半吸収性メッシュのコンセプト
演   者 柵P 信太郎先生聖路加国際病院 外科 医長
若手外科医に示したい鼠径部臨床解剖〜半吸収性メッシュを用いた修復術〜
演   者 宮崎 恭介先生みやざき外科・ヘルニアクリニック 院長

第110回日本外科学会定期学術集会 イブニングセミナー イメージ動画をみる PDFをみる

2009年11月19日、第71回日本臨床外科学会総会にて、ランチョンセミナーを開催しました。セミナーでは柵P信太郎先生(聖路加国際病院)から、UHS及びUPPのコンセプトをご説明いただき、宮ア恭介先生からはUHS、UPPを用いた鼠径ヘルニアの修復術について講演いただきました。※動画はその一部

2009年7月16日

第64回日本消化器外科学会 ランチョンセミナー どう教える?どう教わりたい?30代若手外科医が提案するヘルニア手術と教育

司  会 長谷川 洋先生名古屋第二赤十字病院 外科 副院長
若手外科医が究める鼠径ヘルニア手術
演   者 賀川 義規先生大阪大学大学院外科学講座 消化器外科学
QOLから見た鼠径ヘルニア手術
演   者 長谷川 慎一先生神奈川県立足柄上病院 外科

コメンテーター 宮崎 恭介先生みやざき外科・ヘルニアクリニック 院長

2009年7月16日、第64回日本消化器外科学会総会にてランチョンセミナーを開催しました。「どう教える?どう教わりたい?30代若手外科医が提案するヘルニアの手術と教育」をテーマに、大阪大学の賀川義規先生、足柄上病院の長谷川慎一先生の2講演とディスカッション、みやざき外科・ヘルニアクリニック 院長の宮ア恭介先生による局所解剖解説が行われました。※動画はその一部

2009年4月4日

第109回日本外科学会学術集会 ランチョンセミナー 新世代ヘルニアメッシュの幕開け〜Hybrid Mesh のコンセプトと臨床経験

司  会 柵P 信太郎先生聖路加国際病院 外科 医長
新世代ヘルニアメッシュの幕開け〜Hybrid Mesh のコンセプトと臨床経験
演   者 伊藤 契先生NTT東日本関東病院 外科 主任医長
特別発言
コメンテーター 冲永 功太先生帝京大学医学部 外科 名誉教授 日本ヘルニア学会 理事長

第109回日本外科学会定期学術集会ランチョンセミナー イメージ 動画をみる PDFをみる

2009年4月4日、第109回日本外科学会にてランチョンセミナーを開催しました。最初に柵P先生から、Ultrapro Plugのコンセプトを説明いただいた後、NTT東日本関東病院 外科 医長 伊藤契先生が鼠径ヘルニア手術の臨床経験についてご講演。帝京大学名誉教授の冲永功太先生の特別発言で締めくくられました。※動画はその一部

ページトップ